So-net無料ブログ作成
検索選択

今日はちょっとやる気を出してみた [DIY]

今日は、ちーちゃんの顔の毛がモサモサだったので、
ちょっとスリムになるように切ってみました。
顔だけ揃えて、体がまだモサモサのままなので、
ちょっとバランスが変ですけど。

17031201.JPG
次は、足の裏の毛と爪を切ってやらねば。
爪なんて、悪魔のカギ爪みたくなっています。


17031203.JPG

そして、ちょっと前に買った時計工具セットの箱をやっとこさ開けて、
時計のバンドの調整をしました。時計もずっと使わないままでいましたし。
腕が細いもんで、2コマ外さないといけません。

17031202.JPG

時計工具セットの内容は、バンドを固定する台と小さなハンマー
ピンが数種類。説明書も付いてたけどよく分からないので自己流
でコマを外しました。

17031204.JPG

ピンがどこかに飛んでいってしまわないように慎重に1個コマ外し、
コマ外したとこを繋げて。

17031205.JPG

この作業を2回。都合2コマを外して腕にはめてみたら、
まだ少し大きめですか、なんとかなる程度にはなりました。
もう1コマ詰めたら、きっとキツキツだと思います。

17031206.JPG

そして、この時計工具セットは2度と使わないような気がしてます。
1回使っただけでお役御免。¥980だったけど、高い買い物でしょうか。

学生の頃は、こんな工具セットなんか売ってなかったから、
待ち針かなんかで、ピンを押さえて抜いていましたが、
それより簡単に出来たので、ま、いいとしますか。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

ノアにETC付けました [DIY]

12010901.JPG 年末にポチッていたETC車載器が先日届きました。
四輪車用です。アンテナケーブルを取り回すのが面倒なので、アンテナ一体型を選択。

バイクにはとっくの昔に取り付けていましたが、車はまだだったのです。車で高速に乗ることは殆どないので、特に必要性を感じられず、費用対効果の面からも無駄な部分が多いと判断していました。

 年末に、そろそろ新しいバイクナビが欲しいな~っと言う話をしていたら、いやいや車のETCが先だろうと相方が言い出しまして、調べてみると車載器本体もかなりお安くなってきている模様。それに、首都高が距離別料金になるのに伴って、首都圏にお住まいの方はキャンペーンで助成金が出るらしいと言うので、お安いのを見繕って取り付けることにしました。
 
 

続きを読む?


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

玄関椅子の製作 [DIY]

 玄関の靴箱と傘立ての間のスペースを有効活用しようと、ふと思いついたのが玄関椅子です。玄関で立ち話も何だなと思ったときに、どうぞお座りくださいと勧めることもできるし、使わないときは花を飾ったり、天気の良い日には外に出して日向ぼっこもいいし、バイクを磨くときの椅子としても使えるんじゃないかと考えを膨らませ、丁度良さそうな椅子はないものかと思ったのですが、ただ買ってきて置くのも芸が無いじゃないかと思いなおし、それじゃ作ってみようとの考えに落ち着いたのでありました。

 うちの玄関の上り框は、最近の家にしては高くて、30cm程もあり、框の下には深い窪みをつけてあって、脱いだ靴を収めることができるようになっています。バリアフリーとは反対を行っているようですが、この高さは、身体の不自由なうちの長男に靴を履かせるのに丁度良い高さ。従って、玄関椅子など特に必要ないのですが、一度思いついてしまったものは作らないと気が治まりません。高さ、幅、奥行きの大体の寸法を決めて、材料を買いにホームセンターへ出掛けます。

isu01.JPGそこで出会ったのがこれ。ひのき2段万能台 1,880円也。丁度いい寸法なのです。


最初作る気満々だったのに比べて、かなりトーンダウンしてしまいましたが、材料を買って作るより安いし、造りもしっかりしてるので、迷いつつも購入することにしました。ただ、これをこのまま玄関に置くのもパッとしません。第一玄関の色調に調和しません。そこで、ニスを塗って家具らしく見せようという作戦に出ました。

isu02.JPGまずは360番のサンドペーパーで磨きます。写真では分かりませんが、そのままだと結構でこぼこしていて、ニスを塗ったとき毛羽立ってしまいます。丁寧に磨くと手触りスベスベでいい感じになります。


続いて、ニス塗りです。今回は古家具調を目指して、オールナットという色のニスを選びました。

isu03.JPG一度目のニスを塗り。よく乾かして(2時間以上)、2回目を塗ります。


isu04.JPG2度塗り後です。なかなかいい感じの色になってきました。またまたよく乾かします。
あせりは禁物です。


isu05.JPG仕上げのニス塗りの前に、再度360番のサンドパーパーをかけて下地を滑らかにします。
やっと下地の出来上がりです。


isu08.JPGその上に、3度目、仕上げのニスを塗ります。よく乾燥させて、今度は1000番のサンドパーパーで仕上げです。やっと完成。


isu09.JPG角っこはこんな感じ。古い家具の感じが出たでしょうか。


isu10.JPG最後に、床に傷がつかないように、ゴム足を接着剤で付けて出来上がり。


isu11.JPG

 ニス塗りなんて、中学校の技術家庭以来くらい久々でした。ハケ塗りなので、濃淡は出るし、タレるしで、実は悪戦苦闘。さてと、これをどこに置くかが問題です。玄関は既に他のもので占拠されてしまっています。[雨]

CD,DVDラックの製作 [DIY]

 以前から、机の上のあまり使わない右側のデッドゾーンが、CDやらお人形やらでゴチャゴチャ雑然としているのが嫌で、棚を作って整理しようかと画策していました。そこで、100均で見つけたMDF材を使って、机の上のCD,DVD,フィギュア等の棚を作ることにしました。
 CDやDVDの寸法を計って、それに合わせて大まかな設計図を引き、棚の高さを決めてから製作開始です。棚の高さは、下から、22cm、22cm、残りとしました。丁度DVDのトールケースとCDが入る高さです。板が薄いので、組み立て後の強度を確保するために、端っこをコの字に切って組み合わせるようにして、棚板も横板に穴を開けて差し込むようにしました。
 MDF材は加工が簡単で、今回使用した 6mm 厚の板でも結構強度があり、CDやDVDくらいならへっちゃらです。合成樹脂を加えた成型板で、反りや乾燥割れも無く、表面がつるつるなので、ペーパーがけも必要ありません。400mm x 600mm x 6mm (材料:松)で1枚315円。(100均なのに)これを3枚使いました。刃の細かいノコギリでサクサク切れます。細かい加工はカッターナイフでOK。
rack01.JPG
 部品を作ったら早速組み立てです。木工用ボンドを付けて組み合わせ、主要な部分を真鍮の小さな釘で止めます。切断面だけは、ペーパーがけしました。
 さて組み立て完了。ちょっと隙間が開いたりしてますが、上出来です。CDとDVDを置いてみたら、サイズもぴったり。100均で一緒に買っておいた小さ目のブックエンドを置き、HY-GOGG も置いてみました。なかなかカワイイやつです。でもこのままでは何となく無印良品のようで味気ない感じです。それにMDF材は湿気に弱いので、表面に粘着性のカットシートを貼ることにしました。
 今回選んだのは、大理石調のカットシートです。趣味悪いですか? 私はなかなかお気に入りです。置く場所の壁紙の色ともマッチします。一番下の段には、小さなスピーカーを仕込むので、配線の通る穴を側面に開け、ゴムブッシュを入れました。
rack02.JPG rack03.JPG
rack04.JPG
 ここまで来て大誤算。大理石調のカットシートが足りなくなってしまいました。背面には、急遽仕入れてきた石壁みたいなシートを貼ることにしました。全部大理石にしてしまうより、こちらの方がイイ感じです。怪我の功名ですね。
 これで、一応は完成なのですが、側面が殺風景で寂しそうです。役に立ちそうなものはと考え、マグネットでメモなどを貼り付けられるようにすることにしました。
rack05.JPG
 ステンレスの板を買ってきて、手を切らないように角を丸く加工、両面テープ(強力タイプ)でガッチリ固定。マグネットクリップをくっつけて完成です。なかなか見栄えも良くて、机の上も整理出来てスッキリ。暫し自己満足に浸ります。
rack06.JPG 続いて、MDF材が少し残っていたので、何か出来ないかと考え、フィギュアを飾る壇を作ることにしました。ひな壇になってた方が飾りやすいし、見栄えもいいですからね。棚作りの最後のパーツです。残ったMDF材を切って、細かくサイズを合わせてペーパーがけ。木工用ボンドで貼り付け組み立ててから、これも残りの大理石調カットシートを貼って出来上がりです。

rack07.JPG
 棚の中に壇をセットして、フィギュアを配置。まずまずの出来です。
 因みに、MDF材は安かったのですが、カットシートが高かったので、普通のカラーボックスが買えるくらいの費用がかかってしまいました。でも置きたい場所にジャストフィットサイズのものが出来て、一応大満足です。

バイク置き場施工 番外編 [DIY]

08091302.JPG忘れてはいけません。残るは自転車通路のレンガ敷きです。
インスタントセメントを 3cmくらいの厚みで敷いて、その上にレンガを並べていきます。レンガを敷き終わったら、水をシャワーにして撒きます。インスタントセメントが適度に固まってレンガが固定されます。

08091303.JPG08091304.JPG

08091305.JPG後は、左の写真のこの部分の隙間をどうにかしないと。
ここは、レンガ1個分の隙間もないので、レンガを寸法に合わせて割って並べる必要があります。

1.先ず、レンガを割る線を4面全てに引く。
2.線に沿って、レンガタガネで、溝を掘る。これがなかなか時間がかかります。
3.そして、溝にレンガタガネを当てて、一気にハンマーで割る。

08091502.JPG08091503.JPG
08091504.JPGぐわっちょーん、横に真っ二つ。大失敗です。
そんなこんなで、5つのレンガ全て失敗。レンガ割りは難しいです。割れてしまったレンガは、コンクリート用接着剤で接着。

08091505.JPG08091506.JPG

一応、隙間は埋まりました。
最後に目地砂を撒き、ホウキで目地に詰めていきます。これで完成。
雨が降ったら、目地砂が締まるはず。でも傾斜があるので、流れてしまうかも。

バイク置き場施工 その後 [DIY]

バイクの納車日はどんどん迫ってきます。土日のみの作業では追いつかなくなったので、ウィークデーも少しずつ作業を進めます。
08090901.JPG08090903.JPG
08090904.JPGいよいよ、コンクリ敷きに取り掛かります。
先ず上に乗せるコンクリート板よりも少し大きめの木枠を作り、そこに、水と良く混ぜ合わせた乾燥コンクリート(砂利、砂入り)を厚さ 3cm くらいに敷き詰めます。そして、コンクリート板を上に置いて、ゴムハンマーで、全体を叩き、下地のコンクリートと馴染ませます。
ここで、コンクリート面が予定より低くなってしまった場合は、よいしょっと、コンクリート板をどけて、また乾燥コンクリートを追加して最トライ。高くなりすぎた場合は、ゴムハンマーで叩きコンクリート板を沈めます。
この作業を繰り返して、合計12枚のコンクリート板を敷き終えました。コンクリート板の隙間には、インスタントセメント(砂入り)=モルタルを乾燥したまま入れ、後から水を撒いて固めました。
08090905.JPG08091301.JPG

これで、バイク置き場の地面は完成です。なんとか納車日に間に合いました。

でもこのままじゃ、屋根もないし、バイクが雨ざらしになってしまいます。
カバーを被せても雨は染み込むし、風でバサバサしてカウルやらが擦り傷だらけになりかねません。

08091306.JPGここで登場したのが、バイクバーンです。
自転車用の簡易車庫なども検討したのですが、ビッグバイクが入る大きさで、丁度良い大きさのものがなかったのと、丈夫そうだったので、少し値は張りましたが購入にふみ切りました。風で擦り傷がつく心配もありません。
フレームを組み立て、ネジを締めて、カバーをフレームに通しながら装着して完成。簡単、簡単。

08091308.JPG08091309.JPG

しかぁし、このままでは、風が吹くと吹き飛ばされてしまうので、バイクバーンを地面に固定しなくてはいけません。
バイクバーンには、2ヶ所、固定用のネジ穴がベースプレートに開いています。これだけでは何となく不安だったので、他にフレームを2ヶ所、地面に固定することにしました。

先ず、バイクバーンを予め決めた場所に置き、穴を掘る位置にマジックで印をつけます。そして、振動ドリルで、印をつけたところに、なるべく垂直に穴を掘ります。続いて、各穴に、コンクリート・金属用の接着剤をつけたアンカーボルトを押し込み、上のピンを叩き固定します。これで、アンカーボルトがコンクリート面に固定されました。

08091401.JPG08091402.JPG

次にバイクバーンを設置、ベースプレートの穴にアンカーボルトを通しナットを締めて地面に固定しました。
めでたし、めでたし、やっとバイク置き場が完成です。

コンクリートに穴を開けるためには、振動ドリルが必要です。今回は、買うのももったいないし、レンタルすることにしました。工具のレンタルは、大きいホームセンターなどで行っています。振動ドリル用の錐先は、コンクリート用と書かれた専用のものを使いましょう。消耗品ですので、レンタルとは別に購入する必要があります。
アンカーボルトは、今回 8mm のものを使用。振動ドリルの錐先は、8.5mm を使用しました。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

バイク置き場施工2,3日目 [DIY]

週末がやってきた。バイクの納車は来週だ。早いとこバイク置き場を作らねば。

08090601.JPG2日目。
今日はこの状態からスタート。先ず、深さ10cmに土を掘っていく。その上に路盤石を敷き、更にコンクリートを流し、最後にコンクリート板を並べる予定。割れ防止のメッシュを入れて塗り固めるという手もあるが、表面を平らにする自信がなかったので、一番上は市販のコンクリート板に決めた。


08090602.JPG深さ10cmといえど、少し掘っただけでも、何だか凄い量の土が出てくる。捨てる場所もないので、せっせと土嚢袋に詰めていくのだが、これはかなり時間と労力を要する作業だった。午前中、中途半端に掘り終えたところで、おとうさんグロッキー。続きは午後だ。





お昼前から、資材を買いに行く。
コンクリート板、乾燥コンクリート(砂利、砂入り)、路盤材、ベニヤ板、軍手、ブルーシート。乾燥コンクリートは、砂利、砂が既に混ぜてあり、水と混ぜるだけでコンクリが出来る。別々に買うより、混合比を考えたり、混ぜる手間が省けて良い。また、少量必要なときにも便利だ。しかし、重い、重すぎる。大量に買ったので、車に積み込むのも、降ろすのも一苦労だ。

ここでもかなりグロッキーぎみだったので、お昼ごはんを食べて、ちょっとお昼寝。4時から再開。ひたすら土を掘り、土嚢に詰める。えらい時間がかかる。この作業で、土嚢7袋分の土を掘り出すが、暗くなってきたのと、蚊が多くなってきたので、まだ土堀りは終わってないけど、夜6時半終了。一応、夜の間に雨が降ってもいいように、ブルーシートをかぶせる。

3日目。
昨日早く寝たのに、まだ全身が筋肉痛だ。腰も痛い。でも今日中に目処をつけなくては。
昨日の続きを再開。午前中に、ほぼ全部の土を掘り出した。ここで、お昼休み。水分を大量に摂取。脱水症だ。

08090705.JPG昼食を食べて、作業再開。
先ずは、地面を10cmの深さに平らに慣らす。これには、10cm幅の板を使った。足で踏み固めながら、凸凹を修正。奥の自転車が通るところは、斜めにして、レンガを敷く予定。レンガは、コンクリート板よりも薄いので、その分を考えて、土を掘り平らにしていく。



08090707.JPG次は、路盤材(砕石)を厚さ約3cmに均等に敷き詰める。自転車の道も、綺麗な傾斜が出来た。







ここで、一区切りつけて、資材の買出しに行くことにした。一度には持って帰れないので、分割して買いに行くことにしていたのだ。近場のホームセンターで買い物。レンガ、インスタントセメント(砂入り)、ゴムハンマー、セメントと水を混ぜるのに使うスコップ。せっせと車に積み込み帰宅。荷物を降ろしている間に雲行きが怪しくなってきた。これからセメントこねこねする予定だったのに。穴に雨水が溜まると困るので、ブルーシートを敷く。

08090710.JPG家に逃げ込むと、雷を伴った土砂降りの雨。最近良く聞く、ゲリラ雨のようだった。ブルーシートの上にプールのように雨水が溜まっていく。雨はそのまま降り続き、今日の作業はここまでとなった。全くコンクリを敷いてないのに、来週納車だ。全然目処が立たなかった。コンチキショー、何で雨なんか降るんだ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

バイク置き場施工1日目 [DIY]

バイクを買ってしまいました。大きいのを。そこで、納車までにバイク置き場作りです。
バイク置き場には、駐車場の車の影になって日の当たらない花壇を撤去して、120cm×270cm くらいのスペースを確保します。

08083101.JPG 今日は、午後からスタートです。鉄製の植木鉢置きを撤去。続いて、花壇周りのレンガをどかします。
お母さんが、乗ってた植木鉢を2階へ移動。花壇の中のまだ要るものだけ鉢に植え替えます。

そして、木を掘り出します。右の1本は、誰かにあげるので、丁寧に掘り出します。
もう1本の木は荒っぽく根を断ち切って引っこ抜きました。周りの良く分からない草も無理やり引きちぎります。


そのあとは、一心不乱に土を掘ります。この時点でおとうさんダウン。
一気にしんどくなってしまいました。

08083105.JPG
余った土は土嚢袋にストック。夕方、ほぼ全ての草木が撤去されました。無残です。
この後が、まだ長い戦いになりそうです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク
メッセージを送る